入門編

PHPとは?

PHPは「PHP:Hypertext Preprocessor」といい、C言語で書かれているスクリプト言語です。

PHPはオープンソースのプログラミング言語で、主にサーバサイドで動作します。

PHPは、Apacheのモジュールとして組み込まれていて、HTML内に直接記述することができます。

HTMLとの相性がよいので、WEBアプリケーションを作成する言語として爆発的に普及しました。

PHPの歴史

『PHP/FI』の時代

PHPは、これまでWeb開発言語として大きな進歩をとげてきました。

しかし、もともと個人が自分の必要のために開発したプログラムが元になっています。

それは、1995年にRasmus Lerdorf氏(グリーンランド生まれのデンマーク育ち) が自分のレジュメページの閲覧者を調べるために Perlスクリプトで『 Personal Home Page Tools』を開発したことです。

その後、このプログラムにより多くの機能を追加するため、Rasmus氏はC言語で書き直し、HTMLのフォームを扱える動的な機能 『 Form Interpreter』に拡張しました。

このプログラムが、PHPの始まりとされています。(このプログラムは、『PHP/FI』(Personal Home Page/Forms Interpreter)と呼ばています。)

このプログラムに、現在のPHPの基本となる多くのアイデアが盛り込まれ、そしてプログラムが作り直されて、『PHP/FI 2.0』がリリースされると、世界中で熱狂的なファンを獲得することになりました。

『PHP3』の時代

『PHP/FI 2.0』普及により、機能不足と制限の多さが指摘されるようになり、1997年にテクニオン工科大学(イスラエル工科大学)のプロジェクトとして改良されていきます。

このプロジェクトには、Zend社の創業者となるAndi Gutmans氏とZeev Suraski氏が参加しています。

その後、このプロジェクトにより、『PHP/FI 2.0』が持っていた個人利用に制限しているイメージを取り除くため、新しい名前 PHP『Hypertext Preprocessor』としてリリースされました。

『PHP4』の時代

PHP3は、1998年の終わりには、数十万のWebサイトに導入されることになりました。

1999年には、Andi氏とZeev氏は、さらなる改良を繰り返し、PHPの中核となる部分を書き直し『Zend Engine』を開発。これを2000年にPHP4.0としてリリースしました。

『PHP5』の時代

その後、2004年にPHP5をリリースします。

PHP4から5になって大きく変わった部分は、『Zend Engine 2』になりオブジェクト指向が強化されたことです。

PHP4にもオブジェクト思考はありましたが機能的にはかなり限定的でした。

そして、オブジェクト指向が強化されたことにより様々なライブラリやフレームワークが普及するきっかけとなりました。

PHPの特徴

PHPには、以下のような特徴があります。

  • Webアプリケーション開発に特化した言語である。
  • C言語とJava言語をミックスしたかのような文法である。
  • また、文法が比較的容易に誰でも習得することができる。
  • ソースコードを解釈しながら実行するため、C言語などのようにコンパイルする必要がない。
  • PHPはソースコードが公開されているのでオープンソースである。
  • GPLに比べてソースコードの扱いが緩いPHPライセンスに基づいている。
  • サーバーサイド・スクリプトである。このため、シェルユーザーコマンドを全て実行可能な完全なサーバーアプリケーションを作成することもできます。
  • データベースへのアクセスが容易である。データベース関連の組み込み関数およびライブラリが豊富にリリースされている。
  • オブジェクト指向をサポートしている。
  • 例外処理(try, catch, throw)のサポートしている。
  • 数多くのライブラリやフレームワークがリリースされている。
  • 多くのOSに対応している。Windows、Linux、Solaris、FreeBSD、MacOSXなど。
  • HTMLに直接ソースを記載できる。HTML中にタグでPHPコードを埋め込む形で記載する。
  • マルチプラットフォームである。
  • Apacheのモジュールとして実行される。
  • 処理系本体は、C言語で書かれている。
  • 開発に要する時間が比較的短期。
  • CGIよりも実行速度が早い。

開始タグと終了タグ

PHPのソースは、開始タグと終了タグ内に記述します。PHPの開始タグと終了タグには幾つか種類があります。

 

通常の記載方法

<?php
echo "ここは、PHPのエリアです。";
?>

 

ショートタグ

ショートタグはデフォルト無効に設定されていて、使うにはPHPの設定を変更する必要があります。

<?
echo "ここは、PHPのエリアです。";
?>

なお、ショートタグにはechoのショートカット機能が使えます。この場合は、<?=を記述します。

<?= "ここは、PHPのエリアです。";?>

 

ASP形式のタグ

ASP形式のタグは、ショートタグ同様にデフォルト無効に設定されていて、使うにはPHPの設定を変更する必要があります。

<%
echo "ここは、PHPのエリアです。";
%>

こちらもショートタグ同様に、echoのショートカット機能が使えます。この場合は、<%=と記載します。

<%= "ここは、PHPのエリアです。";%>

コメントの書き方

コメントには、複数行にまたがり有効なコメントと1行のみ有効なコメントがあります。

 

複数行にまたがるコメント

複数行のコメントに/* ~ */があります。/* から */までコメントとして扱われます。

<?php
/*

ここはコメントのエリアです。

*/
?>

 

1行コメント

1行のコメントには、// と # があります。

// は、c++タイプと呼ばれています。

# は、シェルスクリプトタイプと呼ばれています。

<?php
// ここはコメントのエリアです。
# ここもコメントとエリアです。
?>

作成日:2016年01月01日
更新日:2018年02月11日

スポンサーリンク